参考にする

相続が発生してから、遺産相続を巡って親族間で争いが起きないようにするためには遺言が有効です。
被相続人の遺言によって財産が分与されますので争いは発生しません。
しかし、遺言は法律上の要件を満たしていなければ無効になってしまいますので、専門サービスとして遺言の作成、保管、執行をしてくれる弁護士に相談するこのが得策です。
遺言はパソコンで作成したのでは無効であって、自筆でなければなりません。
日付がないものも無効になります。
その他にも形式要件はありますし、遺留分を侵害するような財産分与を遺言書に記載した場合には、遺留分減殺請求訴訟によって、遺族間の争いが発生してしまう可能性もあります。
法律的に問題のない遺言を作成するには弁護士に相談するのが良いです。

家庭裁判所における相続関係の相談は年々増加しています。
また、相続関係の相談は、親子関係や夫婦関係の相談よりも多く、家庭裁判所における相談件数では最も多くなっています。
相続財産が少ない場合であっても争いが発生することは少なくありません。
遺言書がないために、争いが発生してしまった場合にも、それを解決するためには、法律の専門サービスを提供している弁護士に相談するのが近道です。
全ての法定相続人が満足する解決策を見出すことは困難ではありますが、弁護士は最大公約数である解決策を提案してくれます。
弁護士は、多くの判例などを参考にして、裁判上の争いに発展しないで親族間の話合いで解決できるように尽力してくれるのです。